FILSON(フィルソン)の歴史


 「どうせ持つならいいものを、最上のものを」FILSON(フィルソン)創業者CLINTON C.FILSONの言葉です。

 

FILSON(フィルソン)は1897年、ワシントン州シアトルでゴールドラッシュに挑むための”アウトドア・クロージング・メーカー”として設立されました。金の採掘という、衣類にとっては劣悪きわまりない環境で酷使される為に、最上の天然素材と一切の妥協のない設計・縫製でウェアの生産を開始しました。

 

やがてアラスカや北西部で働く男たちにとって、FILSON(フィルソン)のマークは信頼と同義語であるとまで言われるようになりました。ウールにおいては、原毛を刈り取ってから製品に仕上げるまで、今だに2年以上の歳月をかける頑固さで取り組み、その頑固さゆえに、アメリカの森林警備隊、木こり、ハンター、そして冒険家など厳しい自然環境の中で真のクオリティを必要とする人々に愛され続け、アメリカ空軍、陸軍のスタッフ用としても一部使用されています。

 

優れた品質と耐久性を語るなら「親から子へ、子から孫へ」と着継がれるというエピソードがいくつもあるほどです。

Item page