LAVENHAM(ラベンハム)の歴史


LAVENHAM(ラベンハム)は、1969年ロンドン北東部サフォーク州の小さな美しい村LAVENHAM(ラベンハム)でミセス.エリオットによって設立されました。社名は、その村の名に因んでつけられました。

 

その年発売されたナイロン・キルティングのホース・ブランケットは、瞬く間に英国中に広まり、乗馬用具界での地位を確立しました。そのナイロン・キルティングのホース・ブランケットはあまりに軽く、丈夫で保温性が高く、また単価も適正であった為、乗馬愛好家の要望で1972年ナイロン・キルティング・ジャケットは発表されました。

 

その後、LAVENHAM(ラベンハム)の名を決定的に印象付けた製品、ダイアモンド・キルティング・ジャケットが発表され、ベーシックで実用的な乗馬用トレーニング・ウェアの中に高いファッション性と高品質と言う概念を取り入れ、高く評価されました。当初はナイロンが主な素材でしたが、その後ウール、カシミヤ、シルク、コットン等幅広い素材が用いられる様になりました。

 

LAVENHAM(ラベンハム)は現在、世界中で高い評価を受けています。耐久性に優れた素材を厳選して使用し、一着ずつ丁寧に作る製品は実用的で耐久性に優れています。また、ファッション性も取り入れながら、長く着続ける事の出来るバランスを保つ事、これが好評を受け続けている理由だと考えられています。

Item page