RED WING(レッドウィング)Style No.8827 1920s Outing Boot(アウティングブーツ) [51-rw8827]

RED WING(レッドウィング)Style No.8827 1920s Outing Boot(アウティングブーツ) [51-rw8827]

販売価格: 37,000円(税別)

(税込価格: 40,700円)

サイズ:
数量:

"Red Wing 1920s Outing Boot(アウティングブーツ)"は、1920年代に存在し、
後のスニーカーにもつながる個性際立つ革靴であった、
レッド・ウィングのアウトドア用シューズを再現したものです。

当時は、屋外で楽しむスポーツやアウトドア活動にも、
現在の6インチ丈ワークブーツのようなタイプの靴が履かれており、
今日のスニーカーのようなスポーツシューズは競技用の特殊なものでした。

「アウティングブーツ」はそのような時代に、アウトドアで軽快に履ける靴として、
レッド・ウィングをはじめアメリカの靴メーカーが製造していたものです。
その多くは、つま先のキャップがアイステイ(ハトメの並ぶ補強革部分)につながるデザインを持ち、
アッパーにライニングを付けずに革一枚のみで軽快につくられていました。
両サイドを途中で縫い合わせない一枚の革パーツで構成し、靴内の段差をなくしたものもありました。
木型には足指あたりにゆとりのあるマンソンラストが使われ、
当時は新素材であったラバー製のソール、ヒールが採用されていたようです。

レッド・ウィング社では、この1920年代の個性溢れる「アウティングブーツ」をつくるにあたり、
当時のアッパーデザインをほぼ忠実に再現し、先芯はあえて入れずにフラットボックス(先芯なし)とし、
ソールには、同時代にアウトドアでのグリップ力を 武器にアメリカ全土に急速に普及したラバー製ソール、
グロコード「キングB」を組み合わせました。

アッパーレザーは、オイルドラフアウトレザーである"ホーソーン・ミュールスキナー"をベースに、
"ティーク・フェザーストーンレザー"を組み合わせたツートーンで仕上げられています。

RED WING(レッドウィング)について
材質について
オイルドレザーのお手入れ
スエード・ヌバック・ベロアのお手入れ

在庫切れの場合でも入荷が反映されていない場合や、すぐに再入荷するものもございます。
是非お問い合せください。お取り寄せ、ご予約も承ります。

商品詳細

素材 Hawthorne"Muleskinner"&Teak"Featherstone"
ソール Gro Cord King-B
サイズ展開 US6〜11(D)
Fitting Munson
生産国 Made in USA

レビュー

0件のレビュー