【'19SS Newモデル 先行ご予約品】RED WING(レッドウィング)Style No.8049 Foreman Oxford(フォアマン・オックスフォード) [51-rw8049]

【'19SS Newモデル 先行ご予約品】RED WING(レッドウィング)Style No.8049 Foreman Oxford(フォアマン・オックスフォード) [51-rw8049]

販売価格: 39,960円(税込)

サイズ:
数量:

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【'19春夏Newモデル 先行ご予約品】

・2月下旬〜3月頃にかけて順次入荷予定です。商品が入荷次第、出荷いたします。

・お支払方法は「代金引換」、「銀行振込」、「クレジットカード決済」、「コンビニ決済」よりお選びいただけます。
 ご希望のサイズを選択後、カートに入れ、通常のご注文通りお進みください。
 ご注文完了後、ご予約確定のご連絡を返信させていただきます。
※「銀行振込」と「コンビニ決済」の場合、ご入金確認後のご予約確定となります。
※「クレジットカード決済」の場合、ご予約確定の時点で決済となります。

・ご予約確定後のキャンセルは受付しておりません。予めご了承ください。

・ご予約品のため、他商品との同梱ができませんので、ご注意ください。

何かご不明な点などがございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「フォアマン・オックスフォード」は、1950年代前半のレッドウィング社のベストセラー短靴でした。
シンプルなラウンドトゥのアッパーをボリュームのあるワークブーツ用のラストで釣り込み、
頑丈なコルクソールを組み合わせたワーク色の強い短靴です。

'19春夏Newモデルでは、従来の品番「Style No.8050」の完成度を更に高め、
オリジナルのディテールに近づけるべく、ハトメを4アイレットから5アイレットへと変更し、
ヒールカウンターを改良して履き心地を改善。ご要望の多かった"ブラックカラー"を追加されています。

レッドウィング社は、1920年代半ばより短靴のバリエーションを拡大しはじめ、ワーク用の短靴も多く開発しました。
そのラインナップの中でも、キャップドトゥのワーク系、モカシンタイプのアウトドア系とは異なり、
ラウンドトゥ(プレーン)の短靴には常にドレスタイプのラストが採用されていました。

ワークブーツに使われていたボリューム感のあるラストを使ったラウンドトゥの短靴が登場するのは1940年代後半で、
当時、ワークブーツのデザインはキャップドトゥに代わり、シンプルなラウンドトゥが、
ソールにおいてはオイル耐性を改善したラバー素材を使ったコルクソールが主流となっていました。

それらを取り入れた短靴が登場し、1950年代前半のベストセラー短靴となりました。
これが「フォアマン・オックスフォード」の原型です。

RED WING(レッドウィング)について
材質について
オイルドレザーのお手入れ
スエード・ヌバック・ベロアのお手入れ

商品詳細

素材 Chocolate"Chrome"Leather
ソール Brown Nitril Cork
サイズ展開 US6〜11(D)
生産国 Made in USA

レビュー

0件のレビュー