【'19FW Newモデル 先行ご予約品】RED WING(レッドウィング)Style No.9211 9"Logger Boot(9"ロガーブーツ) [51-rw9211]

【'19FW Newモデル 先行ご予約品】RED WING(レッドウィング)Style No.9211 9"Logger Boot(9"ロガーブーツ) [51-rw9211]

販売価格: 49,896円(税込)

サイズ:
数量:

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【'19秋冬 Newモデル 先行ご予約品】

・9月末〜10月上旬頃にかけて順次入荷予定です。商品が入荷次第、出荷いたします。

・お支払方法は「代金引換」、「銀行振込」、「クレジットカード決済」、「コンビニ決済」よりお選びいただけます。
 ご希望のサイズを選択後、カートに入れ、通常のご注文通りお進みください。
 ご注文完了後、ご予約確定のご連絡を返信させていただきます。
※「銀行振込」と「コンビニ決済」の場合、ご入金確認後のご予約確定となります。
※「クレジットカード決済」の場合、ご予約確定の時点で決済となります。

・ご予約確定後のキャンセルは受付しておりません。予めご了承ください。

・ご予約品のため、他商品との同梱ができませんので、ご注意ください。

何かご不明な点などがございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

毛足の長いブルハイドのラフアウトレザーを採用し、
1990年代に発売されていたラフアウトロガーブーツ「#8218」を再現したNewモデルです。
9インチ丈、スチールトゥのロガーブーツは、レッドウィングを代表するアイテムのひとつとして、
1970年代から存在しているロングセラーモデルです。

アメリカのワークブーツが、それぞれのワーカーの職種に応じたデザインを取入れはじめたのが1930年代で、
この時代にラインマンやエンジニア、ロガーなどといった職種の名前で呼ばれるようになりました。

ロガーブーツの最大の特徴は湾曲のついた高いヒールで、
山の斜面を歩いて降りる際に、ヒールが土にめり込みにくくするためのデザインだといわれており、
このヒールを最初に採用したのは1940年代のことで、その後細部を進化させつつ変化し、
1970年代に登場したスチールトゥのロガーブーツ「#2218」は現在の「#9210」まで続きます。

この定番ロガーブーツのバリエーションとして1990年代に日本企画で生まれたのが、
ラフアウトレザーを採用した「#8218」でした。
このモデルは90年代後半には製造中止となり、多くのユーザーの要望により「#8211」として2009年に復刻。
レザーの毛足はその長さのバラツキを防ぐため短くカットされていました。

今回の再登場において、自社タンナーでブルハイドからつくった毛足の長いラフアウトレザー"タン・ブルハイド"を使い、
90年代のレッドウィングのラフアウトレザーの雰囲気に近づけられています。

このレザーの長い毛足と自然な毛並のムラ感がロガーブーツのワイルドでタフなイメージを引き立てます。

RED WING(レッドウィング)について
材質について
オイルドレザーのお手入れ
スエード・ヌバック・ベロアのお手入れ

商品詳細

素材 Tan"Bullhide"Roughout
ソール Vibram Logger Unit
サイズ展開 US6〜11(D)
生産国 Made in USA

レビュー

0件のレビュー