【'17秋冬Newモデル 先行ご予約品】RED WING(レッドウィング)Style No.8085 Iron Range(アイアンレンジ) [51-rw8085]

【'17秋冬Newモデル 先行ご予約品】RED WING(レッドウィング)Style No.8085 Iron Range(アイアンレンジ) [51-rw8085]

販売価格: 40,932円(税込)

サイズ:
数量:

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【'17秋冬Newモデル 先行ご予約品】

・9月末〜10月中頃にかけて順次入荷予定です。商品が入荷次第、出荷いたします。

・お支払方法は「代金引換」、「銀行振込」、「クレジットカード決済」、「コンビニ決済」よりお選びいただけます。
 ご希望のサイズを選択後、カートに入れ、通常のご注文通りお進みください。
 ご注文完了後、ご予約内容確認のメールを送信させていただきます。

※「銀行振込」と「コンビニ決済」の場合、ご入金確認後のご予約確定となります。
※「クレジットカード決済」の場合、ご予約確定の時点で決済となります。

・ご予約確定後のキャンセルは承らせていただいておりません。予めご了承ください。

・ご予約品のため、他商品との同梱ができませんので、ご注意ください。

何かご不明な点などがございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


スティール・トゥのまだない時代、1920年代あたりまで、キャップド・トゥは足先を保護すると同時に靴のつま先の耐久性を高めるための設計として、アメリカのワークブーツに広く採用されていたデザインです。1928年のレッド・ウィング社のカタログを見ると、40品番ある6インチのブーツの、実に7割に当たる28品番がキャップド・トゥのブーツとなっています。しかし、その後の時代になると、スティール・トゥの導入や嗜好の変化などにより、その割合は次第に減っていきました。1970年代に入ると、キャップド・トゥは、ごく一部のスティール・トゥの靴に使われるのみとなりました。

アイアンレンジ・ブーツは、かつて主流であったキャップド・トゥのワークブーツを再び提案しようと、2008年に発売されました。現在ではレッド・ウィングの定番のひとつとなり、特にレッド・ウィング社のホームグラウンドである北米の(ファッション)市場において圧倒的なトップセラーであり、ブランドを代表するブーツになっています。

その成功を受けて拡がってきたアイアンレンジのバリエーションの中に、”Vibram #430”ミニラグ・ソールを持ったものがります。特に冬の気候が厳しい地区も多い北米の市場では、冬場の凍った路面での滑りを抑えるために、靴底のグリップへの要望が強く、そうした声を受けて開発されたのが、この”Vibram #430”ミニラグ・ソールのアイアンレンジです。

レザーは、#9111などで評価の高い「カッパー・ラフアンドタフ」、アメリカでは作業靴ラインによく使われる深いワインレッドのレザー「オックスブラッド・メサ」の2種類です。

RED WING(レッドウィング)について
材質について
オイルドレザーのお手入れ
スエード・ヌバック・ベロアのお手入れ

商品詳細

素材 Copper"Rough&Tough"Leather
ソール Vibram #430 Mini Lug
サイズ展開 US6〜11(D)
生産国 Made in USA

レビュー

0件のレビュー