Chacobannar

Chaco(チャコ)について

チャコサンダル社は1988年、マーク・ペイジェンによって設立された。マークは、1970年代後半から1980年代にかけて、北カリフォルニアのカスタム・シューズメーカーで働いていた。その後コロラドに移り住み地元のリバーガイドをしていたが、その当時に売られていたアウトドアスポーツ向けのフットウエアに満足していなかった彼は、靴職人だった経験と知識を生かし、自分でサンダルを作ることを決意。そしてチャコサンダルがスタートした。

彼が最初に作ったサンダルは口コミで人気を呼び、多くの友人が製作を依頼。Z2のストラップ形状や張り替えができるソールなど現在のチャコサンダルの特長の多くは、設立当初から受け継がれているマークのポリシーでもある。現在はさらに、足を専門とする整形外科医の力も借り、人間工学的な側面からも快適なデザインを追求し続けている。
Fit(フィット性)/Comfort(快適性)/Support(サポート性)/Performance(性能)、日常の生活からあらゆるレジャーシーンで愛されるサンダルを。マークのポリシーを受け継いだチャコサンダルは、現在もなお開発に力を注ぎ、トップメーカーとして成長を続けている。

OUTSOLE(アウトソール)

Chaco grip:
2016年より創業以来25年間採用してきた従来のVibram社製アウトソールに変わり、独自に2年間の月日を費やして開発したグリップ性能に優れたChaco gripアウトソールです。
ウエット面でのグリップ性やトラクション性といった性能はVibram社Megagripアウトソールと同等レベルを実現し、かつVibram社製Yampaアウトソールと比較して約2倍の性能アップ。(注:同社試験結果に基づくデータです)

 

             



Chaco 製品保障

Chacoの製品は接着部、ステッチ、ウレタン素材とどの部分を見ても、耐久性と持続性にかけて右に出るものがありません。Chaco社の製品は、その製品の寿命がある限り、素材及び製造上の欠陥に対し保障されます。ただし、製品の消耗や誤使用による破損、足へのフィット上の問題、第三者によっての修理、改造された製品は保証の対象外となりますので、ご了承ください。

お手入れとクリーニング

サンダルを気持ちよく清潔に維持するために、時々洗濯ネットに入れて洗濯機で洗って下さい。ブリーチは使用せず、自然乾燥させてください。また時折、サンダルのストラップが濡れている間にストラップを前後に引っ張ってストラップチャネルに溜まった砂等を落としてください。

ソールの張り替えと修理

サンダルを最大限に使い切り、また環境に配慮する為には、履き潰したサンダルのソールを張り替えるという手があります。但し、フットベットにひびが入ったり傷がついたりすると、張り替えが出来なくなりますのでご注意下さい。また、ストラップとバックルに関しても交換は出来ます。



その他、修理につきましてはお気軽にお問合せ下さい。

 

Item page