ISLAND SLIPPER(アイランドスリッパ)について


1946年の創業以来ハワイオアフ島で生産されている「ISLAND SLIPPER(アイランド・スリッパ)」。
その歴史は、ハワイへ移住した日本人、本永武蔵氏がサンダルの原型を作り、
息子のエドワード・モトナガ氏によって工場化され発展してきたサンダル会社です。

 

1986年にはモトナガ氏から、ジョン・カーペンター氏(現社長)に引き継がれ、
ISLAND SLIPPER(アイランド・スリッパ)」のブランドは世界的サンダルメーカーとして大きく成長しました。

 

創業当時からの"デザインから製造まですべてハワイで行うリゾートサンダルメーカー"という理念は現在も変ることなく、
製品はすべて「メイド イン ハワイ」。
ハワイの伝統的なプリント生地やアメリカ本土の厳選された革素材をつかって、
パールシティーの自社工場で「ISLAND SLIPPER(アイランド・スリッパ)」がつくられています。

 

工場には精密機械というのはほとんどなく、職人たちが1からすべて手作業でサンダルを作り上げていくのですが、
その様子は50年前に撮られた写真とまったくと言っていいほど変らないのです。
熟練した職人によって一足一足手で作り上げられた製品は、
職人とそれを見守る社長のジョン&デイジー夫妻の愛情に満ちています。
そんな愛情と手作りの温かさが込められた「ISLAND SLIPPER(アイランド・スリッパ)」は単に海で履くビーチサンダルとは大きく趣を異にします。

 

ISLAND SLIPPER(アイランド・スリッパ)」に足を入れるだけで、いつものアスファルトの道は草原になり、
慌しい時間はゆったりとした流れに変わり、心の底からリラックスした気分が生まれてきます。
"履き心地がいい"という言葉とはこういうことを言うのだなと自然に思うはずです。
ハワイ工場の職人とジョン夫妻の愛情でつくられた「ISLAND SLIPPER(アイランド・スリッパ)」に触れ、
世界最上級の履き心地とゆったりとした気分を手に入れてください。

Item page