Paraboot(パラブーツ)の歴史


「全ての製品に本物の信頼性と高い品質、そして魅力を」Paraboot(パラブーツ)の創始者レミー・リシャールポンヴェールは、1919年、アメリカ滞在から1足のラバーで覆われたブーツと共に帰国しました。

 

このブーツは彼にブラジルPARA港から直輸入された天然ラテックスを使用し、ラバーソールの靴を生産するというアイデアを与えました。

 

その後「Paraboot(パラブーツ)」は自社の靴に用るソールを自ら製造する世界で唯一のシューズメーカーとなりました。創業以来、変わらない魂と厳しい基準のもとに「Paraboot(パラブーツ)」は作り続けられ、まもなく一世紀が経とうとしています。

 

Paraboot(パラブーツ)の製造方法


靴の製造方法は1900年代から変わらず、1つの靴を作るのに150以上の工程があります。Paraboot(パラブーツ)では最大の柔軟性、防水性、快適さや清潔さを保証する為、革の厳格な選択、裏地のキルティング、コルクを敷き詰めたインソールなど、あらゆる面の細部に注意をはらっています。

 

Paraboot(パラブーツ)では世界で唯一自らのラバーソールを製造しているレザーシューズメーカーです。これは他に勝るものの無い品質の証明です。年間35万足の靴を200人の職人がフランスのイゾー、ヒューレの2つの工場で製作しています。

 

Paraboot(パラブーツ)のクオリティ


Paraboot(パラブーツ)の靴は、伝統的な技術を忠実に守り、どのモデルも常に厳選された上質なレザーから手作業によってカットし、なめされ、ノーヴェイジャン製法やグッドイヤー製法のハンドステッチテクニックによって作られています。

 

ノーヴェイジャン製法とは:

 

本来は登山靴に使われていた技術を熟成し、完璧な製法としたParaboot(パラブーツ)は世界のトップメーカーとなりえました。 この製法には数々の利点があります。

 

  1. 甲皮、ウェルト、靴底をしっかりと縫い付ける2列のステッチは、靴の防水性を保証します。 
  2. 中底に敷き詰めたコルクは、最高の快適さと通気性を保証します。
  3. 靴底の張替えを可能にし、靴を長く使用出来ます。グッドイヤー製法とは:見た目に洗練された靴作りの伝統技術です。
  4. 革の中底
  5. 防水性構造
  6. ブナのシャンク
  7. 最高の快適さと吸収の為のコルクの使用
  8. 1列のステッチは外から見え、もう1列は内部に隠されたステッチ 靴底の張替えで長く使用出来ます。

 

Paraboot(パラブーツ)サイズについて


BARTH,CHAMBORD

ヨーロッパサイズ5.56.06.57.07.58.08.59.09.5
日本サイズ (サイズ)24.024.525.025.526.026.527.027.528.0

※サイズはあくまで目安になりますので、ご了承ください。

 

BARTH レディース

ヨーロッパサイズ3.03.54.04.55.0
日本サイズ (㎝)22.523.023.524.024.5

※サイズはあくまで目安になりますので、ご了承ください。

 

MICHAEL

(サイズ表記が古い登山靴仕様になります。)

ヨーロッパサイズ39.039.540.040.541.041.542.042.543.043.5
日本サイズ (㎝)23.524.024.525.025.526.026.527.027.528.0

※サイズはあくまで目安になりますので、ご了承ください。(サイズ表記が古い登山靴仕様になります。)

 

Item page