Mauna Kea(マウナケア)



〜お客様が毎日、素肌に着用される大切な靴下だからこそより良いものを使っていただきたい。
一足一足、一編み一編みに想いを込めて制作しています。〜

もとは足袋や素足の文化だった日本に、靴下が普及しはじめたのは明治時代。文明開化とともに洋装が一般化し、革靴に合わせて履かれるようになりました。そうした需要を受け、明治後期より靴下の生産が盛んになったのが奈良県広陵町。江戸時代より綿花と木綿の産地だった広陵町は、その背景を活かして海外より靴下用の手回し編み機を導入。大正時代には自動編み立て機も導入され、米作農家が農閑期に行う副業として広まりました。現在でも国内で生産される約6億本の靴下のなかで、日本有数の靴下の産地である奈良県広陵町はシェア約4割と日本一を誇っています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

6